将来のビジョン

将来のビジョン

あなたには、あなたしか描けないキャリアがある

当社は、「調理職採用」・「運営職採用」の2つの区分で採用活動を行っています。しかしながら、これはあくまでも入口の違いによるもの。入社後しばらく経験を積んでいただいた後は、本人の適性・希望等を勘案し、適宜新しいミッションに就いていきます。スペシャリストとしての道、ゼネラリストとしての道、そして社内外のいろいろなところへ。活躍のフィールドは千差万別。あなたが輝けるキャリアパスを当社は全力でサポートします。

将来のビジョン

丸川 哲史
日本航空株式会社 商品・サービス企画本部
開発部 機内食オペレーション室 丸川 哲史

キャリアパス一例

当社でさまざまなセクションを経験した後、エアラインと当社の架け橋として日本航空株式会社機内食オペレーション室へ出向しているスタッフをご紹介します。

仕事内容

日本航空株式会社機内食オペレーション室は、機内食や機内への搭載品全般の企画・運用を専門として、日本国内のみならず世界各地の関係各所に情報配信と調整を行っている部署です。当社と機内食オペレーション室は、機内食のメニューの開発時から搭載開始後まで密接に関わりながら、毎日の運航をサポートしています。

日本航空では2017年7月より、「ローディングマニュアル」と呼ばれる機内サービス品の搭載指示内容が、世界で就航しているステーションでWeb閲覧ができるようになりました。そのシステムの保守・管理・改定・更新・関係部署への発信を主に担当しています。また、オフラインチャーター便(定期便が就航していない空港への運航)が予定されている場合は、それに合わせた搭載指示が日本航空内の関係部署から依頼が来ますので、それをもとにローディングマニュアルを作成し各ケータリング会社へ発信しています。

求められるスキル

ケータリング会社出身ですのでいろいろな方々から、専門的質問を受けます。すぐにお答えできるよう既存の知識に加え、日々勉強の毎日です。また、自分の判断で多くの方々が動かれますので、客室乗務員や各ケータリング会社の皆さまへご迷惑をかけたり、混乱を起こさないように、一つ一つ慎重に判断しています。

気づき、そして今後の目標

日本航空をご利用されるお客さまから機内食に関するご意見を日々頂いており、それに対して各担当者が一つ一つ対応されています。自分が想像していた以上に、機内食オペレーション室はやることがたくさんあるということに気がつきました。また、自分が勤めていた会社を外から見る形になり、今まで気づかなかったことや航空会社がケータリング会社に求めていることが見えてきましたので、きちんと社内へフィードバックしていきたいと思います。

PAGETOP