企業理念

JALグループ企業理念

JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

当社は、この企業理念を普遍的かつ永続的な経営の目的、経営の基本とし、「JALフィロソフィ」の実践を通じてその実現を目指します。

食品安全方針

当社は、JALグループ企業理念に基づき、お客さまに安心かつ安全で、信頼され、そして満足していただける機内食等を提供するために以下の食品安全方針を設定します。

  1. 食品安全関連のお客さまからの要求事項を満たすことに止まらず、法規制、業界要求事項を順守し、さらに技術的・経済的に可能な範囲で自主基準を制定し、一層の食品安全マネジメントに取り組みます。
  2. 組織内外における食品安全情報の確実な伝達を図り、機内食の開発・製造加工・提供の各過程での管理を強化し維持する中で、お客さまの信頼を獲得します。
  3. 全従業員に対し、食品安全関連の法規制や各種基準等の順守ができるよう教育・訓練を実施します。また、食品安全に関わる人財の育成など主体的力量の向上に取り組みます。

この食品安全方針を達成するために、年度毎に目標を設定して取り組みを進めます。継続的、効果的に食品安全マネジメントシステムを機能させるために、定期的な見直しと改善を図ります。

食品衛生行動指針

私たちは、常に、世界のお客さまに安全で安心、高品質な機内食を提供していくために、経営から現場まで以下の心得を順守します。

~基本心得~

  1. 1. 規則やルール、作業手順を順守し、衛生的な取扱いをします。
  2. 1. 常に体調管理に努め、清潔で整った身だしなみで作業します。
  3. 1. 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底して行います。
  4. 1. 施設の清掃や器具の洗浄を徹底して行い、清潔な現場を維持します。
  5. 1. イレギュラー発生時には、迅速かつ的確に対応します。

環境方針

当社は、JALグループの行動規範「社会への約束」にて掲げた「豊かな地球を次世代へ」を実現するため、本方針の下、推進体制を構築し、社会の一員として環境の保護に取り組むとともに、それを妨げる事象の未然防止に努めます。

~以下抜粋~

  1. 気候変動への対応
  2. 限られた資源の有効利用
  3. 環境汚染の予防
  4. 騒音の低減
  5. 生物多様性の保全
PAGETOP